FC2ブログ

日記

トラックドライバーの徒然日誌

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンウィーク

2016年04月30日(土)

昨日(4月29日)から『ゴールデンウィーク』が始まりましたね。
今年は4月29日~5月1日、5月3日~5月5日、5月7日8日と多少飛び石連休となっていますが、
有休をうまく取れる方は
『10連休!』
なんて方もいるのかもしれませんね。

ウィキペディアによれば、ゴールデンウィークは本来5月3日~5月5日を指すものらしいです。
でも、一般的に4月29日~5月5日で定着してますね。

我が家は僕が祝日の一部仕事であることもあり、特に遠出などの予定がありません。
昨日も仕事だったのですが、すっかり休日であることを忘れててショピングモールの渋滞にまんまとはまってしまいました^^;

子供は遊園地に行きたいと言ってますが、
この混雑に遊園地に行くのは、どうしても気が進まないです。
アトラクションに乗るよりも、順番待ちの列に並んでる方が明らかに長いのが分かりきっているので・・・。

でも、いいパパならここで頑張って遊園地行くのでしょうけどね^^;

とりあえず、天気の恵まれてる明日、近場の広い公園で我慢してもらおうと思っています。
まだ、公園で遊んでいるだけで満足してくれる年頃です(小学校3年)

でも、子供が学校に入ってしまうと、どうしても行動が制限されてしまいますね。
幼稚園までは、こっちが有休でなんとかすれば空いている平日などにも旅行とか行けたのですが、
今は人混みの中を高い料金でしか行動できない。

こんなことを考えている親御さんも多いのではないでしょうか。

ともあれ、明日は公園でいっぱい子供と遊んでこようと思います。
子供がおねだりしてきたら、明日はちょっと奮発しておもちゃなりアイスなり買ってやろう^^

スポンサーサイト

1000円カット(3)

2016年04月29日(金)

よく見るとちょっと『佐々木健介』さんにも似ているようなガタイのいいお兄ちゃんに案内され席へ

髪にクシをあてると、器用にバリカンを使いカットし始めました。

僕の髪は別に短髪というほどではないのですが、どんどんバリカンを使ってカットしていきます。
きっとハサミを使ってカットするよりも早いのでしょうね。

そして、あっという間にカットは終わり、掃除機のようなもので髪を吸い取り始めました。
まあ、それでもカットした髪の毛はきれいに取れるのでしょうが、なんだかなーという感じです。

ちょうど10分くらいでカット終了、
店を出てトイレの鏡で髪型を確認
やっぱりそれなりですが、まあ1000円なので仕方ないですね。

2回目その1000円カットのお店に行ったとき、
60歳くらいのおばちゃんが普通に坊主刈りにされ
「ありがとう、すっきりしたわ」
と言っていたのには少々驚きました。

そして、お兄ちゃん、お兄さん(1)(やっぱり上手だった)、お兄ちゃんとカットされて4回目
ついに『飛猿』さんに当たりました。

どこか美容師さん風のハサミ裁きでカットし始める飛猿さん

しかし僕の嫌な予感は的中しました。
髪の毛が引っ張られて少々痛い。。。
なんとなく感じていた不安は確信に変わりました。
ああ、やっぱり手際悪いのね・・・。

そんなこんなで10分少々でカット終了。
毎度のトイレ鏡で髪型確認、
なんとも残念な髪型になってました。

そして思いました。

元の理容院に行こう。

こうして僕の約半年にわたる理容院浮気は幕を閉じました。


1000円カット(2)

2016年04月28日(木)

初『 1000円カット』の時の話ですが、まず店内に入り、前の人が券売機で券を買ってるのを見て、
見様見真似で券を買い順番待ちのイスで順番を待ちました。

まず気付いたのが、お客さんの年齢層が自分の行っている理容室よりも随分高い。
もちろん若い人もいますが、御年輩の方が大半です。

ちょっと偏見かもしれませんが、やはり歳がいってくると身だしなみに気を使わなくなるのかな、なんて思いました。

そして、店内には4人の理容師さんがいました。
1人はかなりガタイのいいお兄ちゃん。
もう2人は普通のお兄さん。
そして、もう1人は水戸黄門の『 飛猿』に似てる人でした。

見ていると普通のお兄さん(1)は手際がいい感じで、お兄さん(2)は可もなく不可もなく、
ガタイのいいお兄ちゃんは丁寧で人当たりのいい感じ。飛猿さんは美容師風のハサミ使い、でもムダが多い感じに見えました。

当然、担当を選ぶことなどできないので、僕はお兄さん(1)お兄さん(1)と念じながら待ちました。

しかし、僕の思いは通じずガタイのいいお兄ちゃんが担当となってカット開始です。

また明日に続きます。

1000円カット(1)

2016年04月27日(水)

昨日の理容室の話の時に、一時期1000円カットに浮気したと書きましたが、
今日はその1000円カットについて書きたいと思います。

ちなみに『 1000円カット』とは、文字通り1000円で髪を切ってくれる理容室です。

きっかけは会社の先輩の話しでした。
「髪切るのに金使うんだったら、もっと他のところに使う」
「いいおっさんの髪なんて、誰も見て無いから」

たしかに・・・
誰も40歳のおっさんの髪なんて見てないよな、僕も他のことに金を使うかと思ったのがきっかけです。

ちょうど、税込み1050円から1080円に上がった時期だったので、2年前位ですね。

やはり同じ『 1000円カット』の店に1年弱通いました。

1000円カットの店のシステムとしては、まず券売機で券を買い順番を並んで待ちます。
そして、順番が来ると理容師さんがタイマーのようなものをセットして、おおよそ10分でカットから吸い上げまでしてくれて終了です。

この『 吸い上げ』というのは、切った髪の毛を洗い流す代わりに、掃除機のようなもので吸い取ります。

話には聞いていましたが、初めて髪を吸われた時は何ともいえないものがありました。

明日へ続きます。

理容室

2016年04月26日(火)

先週の日曜日、理容室に行きました。
美容室と理容室が併設されているところで、男の僕は理容室です。

もうかれこれ8年近く通っている所で、初めからずっと同じ理容師さんに切ってもらっています。
(途中、お金をケチり1000円カットに浮気したことはありますがw)

なぜその理容師さんかというと、なんとなく物静かで切ってもらっていて楽だからです。
多分、腕もいいと思います。

昼下がりの午後、予約してあった時間にその店に行き、たわいもない話をしながら切ってもらったのですが、
ふと周りを見渡すと、かつてはアシスタントだった人達が皆、髪を切っています。

そういえば、僕の担当の理容師さんも昔は「〇〇さん」と呼ばれていたのに、今は「〇〇チーフ」と呼ばれています。

話す話の内容も、ギャンブルや飲み会などの話だったのが、お互いの子供の話などに変わりました。

あぁ・・・、月日は流れているんだなと、自分のちょっと白髪混じりになったもみあげを見ながら、ふと感じた出来事でした。




僕と株式投資(7)

2016年04月25日(月)

僕が株式投資を始めてから約一年が過ぎました。

その間に
『リーマン・ショック』
というものが起こり

資産は
50万(20万補填済)→30万
へと
20万の損失(率にして40%)
を被りました。

ここで改めて
『会社四季報』
の最新号(会社四季報は年4回発行)
を眺めていると

企業の継続前提に疑義注記
のついていない会社までもの凄い安値で取引されていることが分かりました。
(企業も継続前提の疑義注記とは簡単に言えば、会社が倒産しちゃうかも!?ということです)

この相場の中で何か打開策を見つけたかった僕は
疑義注記の付いてなくしかももの凄い安い値段で取引されている銘柄を買ってみることにしました。

その結果は
テイクアンドギヴニーズ(サービス) 2290→10750(2009’2’26~2009’7’1)
フィデック(金融) 4040→15250(2009’2’26~2009’7’1)
アトリウム(金融?) 124→123(2009’3’3~2009’3’31)

という、かなりの好成績を残すことができ
こういう暴落相場のあとには、またチャンスもあるということを知りました。

僕の資産も
2009年2月末の30万(20万補填済)を底にして少しずつ増えていきました。

ちなみに日経平均も2009年3月を底に徐々に回復していきます。
8000(2009’2末)→7500(2009’3末)



僕と株式投資(6)

2016年04月24日(日)

2008年9月に起こった『リーマン・ショック』の影響はまだまだ続きます。

2008年11月初旬には日経平均が7000円代とかなり下がったわけですが、
個別の銘柄はまだまだ下がっていきます。
不動産から始まり、金融、自動車、電気など様々な業種の銘柄が下がっていきます。

相変わらず僕のトレードは
この銘柄はもう下がりきったかな→購入
また下がる→売却
の繰り返しです。

あとあと気付くのですが、こういう相場環境の時は
様子見が一番
だということを、まだこの時の僕は知りません。

知ってはいたのだろうけど、多大な損をしてしまったことにより後に引けなくなってしまっていたのです。
何とか損を取り戻さなくては
この気持ちです。

どんなギャンブルにも共通して言えることですが、
熱くなった時点で負け
なのです。

当然の様に僕の資産は減り続けます。
2008年10月末に37万(20万補填済)あった僕の資産は
2009年2月末には30万に減りました。

でも、まだまだ僕の株式投資は続きます。

日経平均
7000(2008’10末)→8000(2009’2末)





僕と株式投資(5)

2016年04月23日(土)

2008年9月15日に起きた『リーマン・ショック』により
僕の持ち株はことごとく下落し始めました。

そして、自分の決めた損切りラインに達してしまい売却

しばらくして、そろそろ下げ止まったかなと思い再び購入

更なる下げが始まり、また損切りラインに達し売却

そんなことが何度も繰り返されました。

そうして損を重ねるうちに冷静な判断ができなくなり、
訳の分からない銘柄を買って、すぐに不安になって売却したり
やったことのないデイトレードをして、損を拡大させたりと
どんどん僕のトレードはボロボロになっていきました。

この頃のトレードの一部
日産自動車(自動車) 811→626 (2008’9’12~2008’10’8)
トーセイ(不動産) 35900→20010 (2008’9’25~2008’10’10)
山善(商社) 303→293 (2008’10’17~2008’10’17)
日産自動車 524→537 (2008’10’17~2008’10’17)
NECフィールディング(情報) 813→809 (2008’10’17~2008’10’17)
など

一時、33万あった資産は10月中旬には
17万
まで激減

10月下旬頃に自分のなけなしの貯金20万を
松井証券に入金し、トレードを継続しました。

日経平均
13500(2008’3)→7000(2008’10末)

まだ、『リーマン・ショック』は序盤です。




僕と株式投資(4)

2016年04月22日(金)

2008年3月に株式投資を始め
3ヶ月で資産を少し増やし
その後一進一退を繰り返していた僕ですが、

2008年9月15日
アメリカのある投資銀行が破綻したことが発表され、それは始まりました。
『リーマン・ショック』です。

リーマン・ショックとは・・・
2007年のサブプライムローン(サブプライム住宅ローン危機)問題に端を発した米国バブル崩壊を切っ掛けとして、多分野の資産価格の暴落が起こっていた。

2008年9月8日、米国財務省が約3兆ドルつぎ込んでファニー・メイとフレディ・マックを救済。「大きすぎて潰せない」の最初の事例となる。

リーマン・ブラザーズも例外ではなく多大な損失を抱えており、2008年9月15日(月)に、リーマン・ブラザーズは連邦倒産法第11章の適用を連邦裁判所に申請するに至る。この申請により、同社が発行している社債や投信を保有している企業への影響、取引先への波及と連鎖などの恐れ、及びそれに対する議会政府の対策の遅れからアメリカ経済に対する不安が広がり、世界的な金融危機へと連鎖した。
(ウィキペディアより引用)

この頃には少しは株式トレードにも慣れ、損切りなどもするようになっていた僕ですが、
そんなことだけでは抗うことのできない大きな暴落がやってきました。

当然、ここから僕の資産は減っていくのですが、
株式投資初心者にとっての暴落というものがどれほど恐ろしいものなのかを
僕はこれから嫌と言うほど思い知らされるのです。




僕と株式投資(3)

2016年04月21日(木)

僕の人生初のトレード
『パイオニア』100株購入の結果は

1176→1069
保有期間約1ヶ月

ビギナーズラックとはいかず惨敗・・・。

その後、
昭和シェル石油
オンキョー
など、自分の知っている会社で売買してみるもパッとせず・・・

これはどうもマズイなと思い
『会社四季報』をちょっと真剣に読み始め
チャートや業績も視野にいれ、自分の知らない会社の株を買い始めました。

すると、利益が上がり始め
トレードを始めて3ヶ月後には資金が
30万→33万
になり、意外と株式投資って簡単じゃん♪
と思い始めました。

時は2008年7月

株に詳しい方なら既にお気づきかと思いますが、
この後、ある出来事が起こります。






訪問者数

プロフィール

森島和久

Author:森島和久
読書や散歩などのんびりしたことが好きなトラックドライバーです。
妻と子供のため、日々仕事頑張ってます。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

応援お願いします!


人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。