日記

トラックドライバーの徒然日誌 > スポンサー広告 > 雪道や凍結道路での運転> 雑記 > 雪道や凍結道路での運転

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪道や凍結道路での運転

2017年01月21日(土)

すっかり冬も深まり、関東地方でも雪が降ったり
道路が凍結する時期となりました。

雪道や凍結した道を走るのって怖いですよね。

そんな時、やはり安心なのが、スタッドレスタイヤを履いたり、
タイヤチェーンを装着することです。

トラックを運転していても、スタッドレスタイヤを履いているのと履いていないのでは、
雪道を運転した時の安定性がまるで違います。

そして、タイヤチェーンも意外と付けるのが簡単だったりもするので、
ラジアルタイヤの人は雪が降った時には、面倒くさがらずにチェーンを装着することをおすすめします。

かと言って、スタッドレスタイヤやチェーンをつけているからといって
乱暴な運転をしていれば、いとも簡単に車が横滑りしたりしますのでご注意を。

雪道や凍結した道路での運転は、スピードを出さないことはもとより、
・車間距離をいつも以上にあける。
・急ハンドルや急ブレーキをしない。

という一般的なことの他に、
・坂道の場所では、前の車が坂を登り切るまで待つ
(前の車が坂の途中で止まったら、自分も当然止まることになり、そこから滑って発進できなくなったりするのを防ぐ)
・後ろの車が煽ってくるように見えても、無理してスピードを出さない。
(道路の端に避けて、後続車を先に行かせるのも雪道の場合は危険)

なんてことも大切だったりします。

まぁ、雪の日は車を使って外出しない。

というのが一番安全ですが^^;

そんなわけにもいかないときも多いと思うので、
雪道や凍結した道路の運転では、上に書いたようなことも気をつけながら
運転してみてくださいね。

ご安全に^^

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。